自営業者の方がキャッシング業者からお金を借りる方法

自営業者の方がお金を借りる方法はいくつかあります。担保や保証人が要らずに、比較的容易にお金を借りることができるのはカードローンでしょう。

いわゆるクレジットカードのことです。クレジットカードは担保付きローンなどにくらべて金利は高いですが、手続きが簡単で必要な時にいつでも借入ができるというメリットがあります。

クレジットカードを作るときは収入証明書を提出しなければならないことがあります。50万円以上のお金を借りるときや他社との借入の金額の合計が100万円を超える時に、それを提出しなければなりません。

収入証明書を提出しなくても、自営業者の方がお金を借りる方法もあります。銀行系のカードを作れば提出する必要はありません。

これは総量規制対象と呼ばれる法律によるものです。総量規制対象では、信販系や消費者金融系の会社のみが一定の条件の時に収入証明書を提出するように求めています。

収入証明書を提出しないでよいカード会社はたくさんあるので、インターネットを使って探してみましょう。ただしカードを作る際の審査で、50万円以下の借入のときでも収入証明書の提出を求められることがあります。

自営業者の方でもクレジットカードを作ることができたら自由にお金を借りることができるようになりますが、返済には気をつけなければなりません。

返済を怠っていると、カードの会社から催促の手紙や電話が来るようになります。損害遅延金を払う必要も出てきます。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001