総量規制対象外のカードローンでお金を借りる

総量規制は2010年から始まった法律です。年収の3分の1以上の借入を禁止するものです。例えば300万円の年収がある方は、100万円を超える借入は出来ません。

ただしこの法律が適用されるのは、信販会社や消費者金融系の会社のみです。銀行系の会社から発行されているカードを使えば、総量規制対象外でお金を借りることが可能になります。

総量規制対象外のカードを発行している会社はたくさんあるので、探すのは難しいことではありません。

インターネットを使えばすぐに見つけられます。どの会社もネットから申し込みが可能になっており、即日融資を受けられるところもあります。

総量規制対象外と言っても、年収証明の書類を提出しなければならないことがあります。年収証明の書類に使えるのは、給与明細や所得税確定申告書、年金証書、年金通知書などです。直近のものを使います。

本人の書類でなければなりません。コピーしてカード会社に送ります。年収証明を提出しなければならないのは、50万円を超える借入をするときか他社の借入の金額を含めた総額が100万円を超えるときです。

上記以外の場合は自己申告制になっています。例えば10万円の借入を申し込むときは年収を証明する書類を送付する必要はありません。

借入は計画的に行うべきですが、病気の治療などでお金が急に必要になる時もあります。

信販会社や消費者金融系の借入が総量規制を超えている場合は、銀行系のカードを探して審査を申し込み、お金を借りましょう。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001