収入証明書ナシでお金を借りることができるのか?

収入証明書ナシでお金を借りることは可能です。クレジットカードを作り、キャッシングの機能を使って借入をします。

お金を借りるときに収入証明を求められるのは、原則として50万円の借入をするときか、他社の借入とあわせて100万円を超える借入をする場合です。これ以外の場合だったら、収入証明なしでお金を借りることができます。

ただし、借りられる金額は個人によって差があります。会社員や公務員の方なら、比較的多めの借入ができますが、パートやアルバイトの方は借入の限度額が小さいことがあります。

50万円以下の金額だったら収入証明書を提出する必要はないのですが、自己申告で年収は記載しなければなりません。

50万円以下の借入なら収入証明なしでお金を借りることができるのですが、本人確認は必要になります。

これは借りる人が本人であることを証明するプロセスです。普通は免許証や保険証、パスポートなどのコピーを取ってカードの会社に送付します。郵送しても構いません。

それから在籍確認と呼ばれるものが行われることがあります。これはカードを申し込んだ人が、その会社に在籍しているか確認するものです。

会社に電話がかかってきます。カード会社の人が個人名でかけてくるので、会社の人にカードを使ってお金を借りることがばれることはありません。自営業者の方だったら、自宅に電話がかかってきます。

収入証明なしの会社の場合は本人確認と在籍確認がお金を借りる前の重要なプロセスになります。数は少ないのですが、在籍確認なしでカードを作れるところもあります。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001