友達からお金を借りると友情にヒビが入るので辞めよう

友達なんだからお金を貸して、という人がいますが、友達だからお金は貸さない、という人もいます。

お金はあっても、無くてもトラブルの元になることがあります。たとえ、友達からお金を借りたとしても、きちんと借用書を書いておけばトラブルの回避にはなります。

しかし、多くの人は友達からお金を借りると、関係にひびが入るので避けたいと考えています。

友人関係を大切にするなら友達からお金を借りるようなことはせずに、金融業者から借入れをした方がよいでしょう。

たとえば、自動販売機で飲料水を購入する小銭が足りないから借りる、というのはこの範疇には入りません。

しかし、生活費やショッピングのお金を用立ててもらうことはやめた方がよいでしょう。

友だちからお金を借りると上下関係ができてしまうこともありますし、わだかまりになってしまうこともあります。金融業者はそのような人たちために融資をしているからです。

キャッシングローンの利用者は意外と多いです。最近は安心して利用できる業者が増えていますし、銀行系のローン会社も増えていますので、信頼できる業者が多くなっているのです。

金利も法外な設定はありません。何より、申し込みから審査が通るまでの時間がとても短いので、緊急に現金が必要な人たちにはとても重宝されています。

消費者金融系のキャッシングローンには裁量制限がありますし、初めて利用する場合には借入れ上限額まで借りることはできませんが、50万円程度なら借りやすいです。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001