給料日まであと少し!一週間だけお金を借りる

一週間だけお金を借りる際には、試しにキャッシングを利用してみてもいいでしょう。キャッシングについては、金利と返済までの期間が重要です。金利については、8~15%ほどと高くなっています。これには理由があり、そもそもキャッシングは短期間での借り入れのためのものです。返済までの期間についても、日ごとに設定でき、金利の計算も日割りです。その前提での営業活動ですので、金利をある程度高くしなければ業者の方でも収益があげられないのです。

キャッシングについて、金利が膨らんで困っているなどという話は、そもそも短期間での、返済の目処がしっかりした上での借り入れという、キャッシングの性質を理解していない方、あるいは無理な借り入れをした方です。きちんとその性質を見極め、正しく使っていけば、非常に便利で役立つサービスなのです。例えば、金利15%でも10万円を7日間借りた場合の利息について、どれくらいになると思いますか。金利をそのまま元金にあてはめ、1万5千円もかかる、などと慌ててはいけません。金利はそこから日割りがなされます。つまり、1万5千円というのは一年間狩り続けた場合に発生する金利の総額であり、これが1周間となると、1年は51週ですから、単純計算で300円ほどになります。

これは正直なところ、驚きかと思います。ここであげた15%の金利や、一週間での返済はどの金融機関でも行えます。一週間だとしても、10万円という高額を借りてもたった300円しかかからないのです。返済の目処がしっかりしているほど、利用価値のあるサービスというわけです。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001