祝日にお金を借りるには?休みの日にキャッシングしたい

祝日にお金が必要になることがあります。例えば運悪く事故にあってしまい、病院に行かなければならない時は想像以上のお金が必要になることがあります。事故の場合は保険がききません。

こちらが被害者だったら保険が支払われるのですが、それまでは自分で立て替えておく必要があります。そんな場合に手元にお金があればよいですが、いろいろな事情でお金がないこともあります。

クレジットカードを持っていれば、このような思わぬピンチを切り抜けることが可能です。クレジットカードを使えば祝日でもお金を借りることができて、それを病院の支払いに使えるからです。

祝日にお金を借りるのはコンビニが便利です。カードを使えば、郵便局や銀行でもお金を借りることができます。

でも郵便局や銀行は夜になると閉まってしまいます。コンビニは24時間営業しているところが多いので、いつでもお金を引き出すことができます。また全国のあちらこちらにあるので、銀行などのATMを探して街の中をさまよう必要もありません。

カードを作って祝日にお金を借りるのは比較的簡単ですが、返済の期日を守ることは重要です。守らないとカード会社から手紙や電話が来ます。損害遅延金も支払わなければなりません。

カードを作るときは収入証明書を提出しなければならないことがあります。

50万円以上の借入をするときや他社の借入の金額を含めた合計が100万円以上になるときは、収入証明書をカード会社に送付します。給料の明細書などが使えます。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001